綺麗な世界 優しい世界

2016年1月 6日 (水)

綺麗な世界 優しい世界~第一話~

私は発達障害だった。

学生の頃から少し人とずれていて、
空気の読めない子だった。
女の子なのに部屋はゴミだらけ。

人に会う予定がなければお風呂に入らず、
着替えもしない。だからオシャレはどうしたらいいのかわからない。

社会人になってから数年は普通に働けていた。
でもある日突然、耳鳴りがするようになった。
めまい、頭痛、吐き気。
ひどい気分の落ち込み。
自分をまったく肯定できず、冷たく暗いトンネルの中を歩いているような気分だった。
会社に出社しても吐き気で一日中トイレにこもるような状態。

いつの間にか過呼吸を起こして倒れ
そのまま退職届も出さず逃げるように実家に帰ってきた。

それからは部屋に閉じこもり家族とも最低限度の会話しかせず、
少しのお小遣いをもらい、コンビニにだけ出かける生活をした。
コンビニなら会話をしなくて済むからだ。

コンビニでお弁当とビールや日本酒を買ってきて
貪り食う。飲む。
咀嚼などせず、味わうこともせず、ただひたすら喉に流し込み、
胃の中でビールとかき混ぜる。

だんだんひどくなり、
コンビニへ朝買い物に行き、一日中飲んだくれるようになった。
パソコンでひたすらネットを見て最初は喜んでいたが
画面を見ていると眩しく感じるようになり、
ガンガン響いた。

タバコをちょっと吸うようになるも吐いてしまった。
吐瀉物は面倒なのでそのまま放置した。
最初は臭かったがそのうち乾燥した。

部屋はコンビニ弁当の容器が積み上がり、ペットボトルが転がる。
入口からジャンプするように布団に移動する以外は
足の踏み場がない。
その布団も読みかけの漫画や鼻をかんだテッシュ、脱ぎ捨てたパンティで
すぐ埋まった。

私は私でなくなった。
本も開いては見るものの、3秒もしないうちに視界が眩しくなる。
内容が入ってこない。
頑張って読んでも漫画の吹き出し一つ分も記憶できない。
TVは元々ない。ラジオをつけっぱなし。
もうラジオに近づくにはごみが山になりすぎたので
チャンネルを変えることも出来ず、NHKのまま。
聴きたくない演歌、面白くもない漫才、全く自分に関係のないニュース、
火傷しそうなほどの高校球児とボールの快音を流したまま
天井の染みを見つめる事を1年続けた。

友達もみな離れた。繋ぎとめる術もない。
趣味もない。
彼氏もいない。
親はもう年老いた。
実家だから生活保護も受けられない。

ありとあらゆる相談や施設を利用したが同情の相槌は何も生み出さなかった。
詰んだ。

もっと辛い人もいる。
お前なんか甘えだ。
死ねよキチガイ。

私は

私は

私は

死ぬのが怖い。

手首を切ってみた。
血が流れる。
ヒリヒリと痛むだけだった。

睡眠薬も致死量を調べてあきらめた。
セコナールを処方してくださいと主治医に懇願してみたが
説教されてしまった。

なんとかハローワークに行って仕事を探してみたものの、
やる気はあるのに戻してしまい、あっという間に解雇された。

死にたい。でも死ねない。
生きていたくない。
私は
私は

いったいなんだ?

いったい何のために産まれた?

障害を持つこと。
それは身体でも精神でも
幸せなことではない。
個性と片づけるならその責任を負うべきじゃないのか?
しかし実際は面倒くさいで見えないところに追いやっているだけじゃないか。

私は手段も目的もない

そんな時だった。
いつもはぼんやりとしか入ってこないラジオで
「学生が安保法案に反対してハンガーストライキをしています」と言っていた。

気になった。

ネットで調べたらなんてことはなかった。
左翼団体に騙されたのか、大学生がラマダンよりも生ぬるい
座り込みをやる、しかもハンストなのに募金を募っているとか
ロクでもない情報しかなかった。

しかし私はいいなと思った。

こんなクソバカ野郎どものように
お花畑の天下国家に便乗した革命ごっこをしたくはない。

でも発達障害者のために私がハンストをしたらどうなんだろう?
厚生労働省の前で座り込んで完全に食べ物も水も口にしないハンストをやったらどうなんだろう?

私は死にたい。
発達障害者も特別な才能がる人間なんて一握りもいない。
親が資産家でもない限り
みんな頑張りに頑張りぬいてやっとドジっ子になれるかどうか?だ。
そして地べたを這いつくばるようにしてなんとかしがみついてる。
それもかなわぬ人は部屋から出てこない。

そんな表に出てこれない人達に呼びかけても集まりなんかしない。
出てこれない。

そんな人間にはいるはずだ。
―生きていない。ただ死んでいないだけ

しかし私が行動したらどうだろう?

私は死にたい。
ハンストをする。
しかし独りでする。
おかしな団体やNPOなんかに手を出させない。私だけの領域。
賛同者だけいてくれればいい。
姿は見せなくていい。

死ぬという手段のために
「発達障害者の安楽死施設の実現を」訴えハンストするのだ。
私は決めた。

親の財布から1万円抜き取った。
これが東京へ行く資金になる。

応援してください→amazon

その他のカテゴリー

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リンク