« 海のない街~第八話~ | トップページ | 綺麗な世界 優しい世界~第一話~ »

2016年1月 6日 (水)

思春期をこじらせるのはみんな同じ~第二話~

私はいつも思うんです。

なんで男子はエッチな話をしてるのに
女子は服とかスイーツの話ばかりしてるんだろう?
好きな芸能人も別にいないし、TVも見ない。
私はラジオを聞くんです。それもAM。

退屈な高校生活、深夜番組に投稿してハガキを読まれるのが一番楽しみです。

でも、もっと興味があることも・・・・できたんだゾ!

なんだか最近、熱くなって・・・・
どうしても我慢できなくて・・・・

「ねぇ!男子ふざけないでよね!」
満里奈が理科の授業の準備をちんたらやってる男子をしかりつけた。

―ちんたら!?

今私、心の中で『ちん』『たら』って言ったよね?

『ちん』の何が『たら』するの?
ダメダメ!今そんなこと考えちゃ!
しっとりしちゃう!

「ほら男子ちゃんとしてよ!」

―ちゃんと『して』よ!?

満里奈!?
あなた男子にちゃんと何を『して』もらうの?
待って!あなたは私より進んでるの?
たしかにちょっと遊んでる風のギャルっぽい感じだし・・・・
でも!そんなのダメ!

「男子!早くそれ入れて!」

―はわわー!

『早く』どこに『それ』を入れるの!?
満里奈ダメだよ!
私たちはまだ高校生なんだよ!?
自分でするだけで我慢しないとなんだよ!
でも満里奈が間違ってそんなことをしていたとしても私目を覚まさせる。
ズッ友だょ?

「ねぇねぇ今日は何やるんだっけ?」
「え?置換反応だよ」

―ドガビーーーーーーーン!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

痴漢!
反応!

そんな・・・・
痴漢されたら声なんか出せない・・・・
あんなことやこんなことされて・・・・
私たぶん、きっと・・・・

♪ピンポンパンポーン

「生徒の呼び出しをします。2年C組の町田あゆみさん。
担任の黒崎先生がお呼びです。大至急職員室に来てください」

「あれ?あゆみ、あんた何かしたの?」
「え?なんだろ?この間県の書道大会に作品応募したくらいかな」
「入賞したんじゃない?あんた書道すごいもんね。
筆でさらさらさら~っと」

―『筆』!
私、筆で・・・・ああ・・・・

「・・・ゆみ!あゆみ!」
「ええ?」
「何ぼーっとしてんの?早く職員室行きなよ。大至急って言ってたでしょ」
「そ、そうだね」

理科室を出て廊下を職員室へ歩き出した。

大至急。

だいしきゅう。

大しきゅう

大子宮

―きゃーーーーーーーーー!

黒崎先生!
私の子宮はきっとそんなに大きくありません!
ふ、ふ、ふ普通ですから!
ま、まさか

「町田~お前の子宮、大きくないか確かめてやるからな」
なんてあのイケメンボイスで言われちゃうの!?
生徒と教師の禁断の恋!?

ああ!

もう・・・・たえ・・・・られ・・・ない・・・・

バタッ

応援してください→amazon

« 海のない街~第八話~ | トップページ | 綺麗な世界 優しい世界~第一話~ »

思春期をこじらせるのはみんな同じ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2174471/63342598

この記事へのトラックバック一覧です: 思春期をこじらせるのはみんな同じ~第二話~:

« 海のない街~第八話~ | トップページ | 綺麗な世界 優しい世界~第一話~ »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リンク