« 海のない街~第六話~ | トップページ | 誤字や脱字について »

2015年8月21日 (金)

思春期をこじらせるのはみんな同じ~第一話~

―はぁ、つまんねぇな

俺はいつも通り机で寝たふりをしていた。
そうだ俺はぼっち。

家に帰ったらずっとエロ動画見て自家発電してた。
それだけの人生だった。

中学3年の春に親が思いつきでいきなり田舎暮らしをすると
このA県の田舎の村に引っ越してきた。
悪くはない。
中学のみんなは気のいい奴だし、そのままみんな近くの同じ高校を受験するのが
お決まりらしいので俺もその流れに乗るつもりだ。

しかしサルのように毎日いたしておった俺には困ったことが一つあった。
まだ引っ越したばかりってのもあるのだがネット環境がない。
これじゃあはーんな動画が見れない。
1日5回を義務付けている俺にこれは厳しかった。
この村でできる精一杯のエロを探すしかないのだ。

学校でも通学路でもエロになるものを探した。
最初は日めくりカレンダーの「一粒万倍日」の文字だけでふっくらした。
しかしそんなもん最初だけだ。
人間はエロで進化する。
果てしなくエロを追い求め変態を突き詰めて人間は今まで進化したのだ。
今俺は進化の途中にいる。

エヴォリューション・・・・

人の深遠なる時の流れの中に俺の股間が脈打っているのだ。
ここで固くならずにいつ固くする!

俺は来る日も来る日も探した。
しかし見落としていたのだ。

それはある日の放課後。
掃除当番になった俺は同じ班のみんなと掃除をしていた。

しかし男子がエアギターごっこをして掃除をしない。
俺はぼっちだから一人で雑巾がけをしていた。
バケツで雑巾を絞り、ため息をつきながら床にべちゃっと雑巾を落として
クラウチング的なポーズになって前を向いた。エロンゲーテッドスタート!!!!

その時だ!

前を雑巾がけしていたクラスでも可愛いと噂される愛美の
白い!白いパンティが!
見える!
これが!これがラッキースケベというものか!

俺は全能力を眼球に集中させパンティを焼き付ける作業に移った。
ああ、あの布一枚で女子は花園を・・・・

他の男子は気付いていない!
俺だけの!
俺だけのパンティ!
この白!
ああ!この白を守りたいよ。

ううっ!
やばい!ふっくらしてきた!
―これじゃ立ち上がれない!
勃ちあがっているのに立ち上がれないなんて!
くそ!
それなのに神様はなんと残酷なことか、
まだパンティは見えたまま。
ついに握力テストの時の力み具合くらいになった。
完全に・・・・うご・・・けない・・・・!!!!!!!

ど、どうする!?
男子はエアギターでKissのShout It Out Loudを歌ってる。
これだ!エアギターで盛り上がってるところにモッシュダイブで乱入すればよいのだ!
よし!

このまま床を転がり男子のところまで転がり暴れる。
そのままふっくらが収まるまでサビを叫び続ければ俺はスケベ変態勃起野郎の烙印を押されない!

よし!

ゴロゴロゴロゴロゴロゴロ!
これだ!
この回転!
このままいくぜ!
しかし少し床に先っぽが当たって痛い。
しかしこれに耐えねば変態になってしまう。愛美も

「バカ!私のパンツみてふっくらおっきしたんだ!死ね!死をもって償え!」
って言うに決まってる!
いっけぇぇぇぇぇえええええええええええええ!

ガラッ!

「こら!男子!何でKISSなんだ!私はBlack Sabbath派だと何度も言っているだろう!」

担任の入間川先生!

俺は先生のスカートの下で止まった。
ふっくらした。
俺の股間はレッドでホットでチリペッパーなんだぜ

そして親呼び出しを喰らった。


応援してください→amazon

« 海のない街~第六話~ | トップページ | 誤字や脱字について »

思春期をこじらせるのはみんな同じ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2174471/61264059

この記事へのトラックバック一覧です: 思春期をこじらせるのはみんな同じ~第一話~:

« 海のない街~第六話~ | トップページ | 誤字や脱字について »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リンク